本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

芝生の上でのびのびあそぼう!

園庭に新しい遊具が仲間入り!!

ウェーブスライダー! たのしいよ!

これがデザートなんて… スゴーイ!!

今年も”トトロ”きてくれましたよ! これメロンです!

桔梗野ねぷた出陣!!

5歳児うめ組さんが力を合わせて製作したよ!

保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※延長保育は19:00まで
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

#保育園ブログ ~思い出の一コマ~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

苗植えしてきました! ~ おいしくな~れ ~

2018-05-14
丁寧に教えていただきました
ジャガイモ~ 大きくなるんだよ
大きくな~れ おいしくな~れ
広い敷地をのびのびと…
今年も、姉妹法人である社会福祉法人一葉会の「はるなの里」さんの農地をお借りして、「とうもろこし」と「じゃがいも」を植えてきました。
本当であれば、保育園に畑があれば良いのだけれど…、保育園ではプランターで我慢してくださいね…ゴメン。
 
毎年、苗を植え付ける際に、なぜか「なぞの呪文」が唱えられるのです…本当に不思議なんですけど…
昨年は、ジャガイモに向かって「いっぱい赤ちゃんを産んでね」が流行しました…(意味はわかるけども…)
今年は、「おいしくな~れ おおきくな~れ」の呪文だったので、案外、普通だな…と思っていたら…
今年もおりました、「いっぱい赤ちゃんを産んでね」派!!
誰が教える訳でもないのですが、もはや伝統なのでしょうか??
 
土と戯れ、野菜と会話し、広~い敷地を走り回り、大満足の苗植えになりました。
ねぷたの頃になれば、野菜たちもおいしくなっているのかな~、収穫が楽しみです!!

5月生まれの誕生会! 

2018-05-12
お誕生日おめでとう!
大好きなおともだちからプレゼント!
はてなボックス???
ヒント「カラフルなネズミ~」
5月生まれのお誕生会を開催しました。
お誕生月のお友だちは、照れながらも、と~っても嬉しそう。
たくさんのお友だちの前に立つ経験は、まだ多くはないので緊張の様子も見受けられます。
お誕生日プレゼントのプレゼンターは、お誕生月のお友だちが自ら選びます。
兄弟姉妹を指名する子、大の仲良しを指名する子、恋心??で指名する子などなど、指名されるお友だちも緊張の一瞬です。
指名されたお友だちは、嬉しくてニコニコになるのは当然なんですけど、指名されなかったお友だちの表情や様子をしっかり見守るようにしています。
「○○もプレゼント渡したかった」という気持ち、「○○に選ばれたかった」という気持ち、お友だちと関わり成長をしていく上でとっても大切なものだからです。
「お友だちのことをどう思っているのか?」と同時に「お友だちにどう思われているのか?」を学ぶことが出来る、貴重な経験を得る機会となっていると思います。
さて、今回の企画は「?ハテナ?ボックス??」です。
これが意外と…「怖い」
目で見る情報が無い状態で、何が入っているかも分からない箱の中に手を入れる…不安ですよね!
お友だちからの「ヒント(ほぼ答え…)」を得ることで、少し安心するようですね。
 
はい、これが日常生活の中でも重要なポイントだと思います!
「情報が少なすぎると不安」「ヒントがあれば安心」「情報が多すぎると邪魔」
子どもたちは日々、たくさんの情報を整理しながら成長をしているのです。
大人である私たちが、子どもに与える「情報の質と量」をコントロールすることができれば、子どもたちの活動は「理解を伴った経験」になりうると思うのです。
しかし、保育園では、子どもの年齢や月齢に合わせて平均的な情報を与えることしかできません。
だからこそ、お家にいる時間は「自分の子どもに合った情報」をたくさん与えてほしいのです。
 
未満児が、スマホを操作し、YouTubeを閲覧する…それ自体を否定するつもりはありません。
であれば、自分の子どもが、「何をみて」「どんな情報を獲得したのか」を把握しておくことが、大人である私たちの責任なんじゃないかなとは思います。
気付いたら長文になってしまいました。申し訳ありません。
 
 

楽しかったGW! もっともっと楽しい保育園生活に!

2018-05-08
うわ~っ、なんだ~
神様が降りてくる???
つかめるかなぁ~
楽しんでいこうね~
「動物園にいったよ~」
「アンパンマンミュージアムにいったよ~」
「野球を観てきたよ~」などなど
 
それぞれに楽しい思い出を作ることができたGW!
だからこそ、「保育園での生活リズム」を思い出すことに時間がかかってしまうのは仕方のない事です…
「いきたくな~い」「保育園いかな~い」という、子どもたちの気持ちが痛いほどよくわかります!
 
だって、大人の私たちでも、「あ~、仕事いぎでぐねぇ…」(正直)
 
緊張の連続で、知らず知らずのうちに心身に疲れが蓄積していた4月。
連休でリラックスしすぎて、「ぼ~っと」スタートしてしまう5月。
何かを取り戻そうとして、頑張りすぎてしまうGW明け…
ここで頑張りすぎないことが「五月病」にならないポイントな気がするのです。
 
「楽しかったGW」の思い出に勝ることはとても難しい事かもしれませんが、毎日、少しづつでも「楽しかった保育園」というイメージをもってもらうことが私たちにできる唯一の事です。
子どもたちの日々の生活の中で、多くの時間を占める保育園での生活だからこそ、少しの「ワクワク」と「ドキドキ」というエッセンスを忘れずに保育を進めてまいります!
 
さてさて、天気も良いしピクニック!お外で給食です!
ん…、なんか、神様が降りてきちゃうんじゃない?というぐらい神秘的な感じになってる?
太陽の周りに輝く“虹色現象”の「ハロ」が出現しました!
なんか元気をもらえた気がする! のんびりと、のびのびと、生活していきましょうね!
 
 
 
 
 
 
 
 

お花見… 風情ある桜雨をみる…

2018-04-25
桜雨…風情はあるけれど…
やっぱりチョコバナナでしょ!
ねぷた~、じゃわめぐんだね~
早く、ヤーヤドーしたいね!
うわっ…すごい鯉…
やっとお弁当だ~
『明日の天気はどうなった?』
年長児うめ組のお友だちは、毎日毎日、お花見の天気がと~っても気になっていました。
『あ~あ、やっぱり雨だ』
うめ組のお友だちの願いもむなしく、残念ながら雨が降ってしまいました。
でもでも、みんな「桜雨」って知ってる?
桜雨は桜の花にかかる雨で、桜の花びらをそっと洗い流すような穏やかな感じ…
なんて、風情だとか、ロマンチックな言葉はいらないから、もう行こう!
なんとか、小降りの中、公園内の「チョコバナナ」に到着。
『よっしゃ! あとは、写真撮ったら、ねぷた村だね~!』
はい。切り替えがよろしいお友だち…
大好きな「ねぷた」「ねぷた囃子」に、少し早い夏を感じてきました。
鯉にもエサをあげましたが…、大きくて、いっぱいいると…怖い。
ものすごい食べっぷりの鯉に驚きながらも、最大のお楽しみ『お弁当』でございます。
お母さんの愛情弁当を笑顔で頬張る子どもたちの食べっぷりは、鯉にも勝ってしまうのでは??
みんなの大好物を詰め込んだ、夢の箱。お弁当。
きっと、朝は早起きされたでしょう。お母さんの気持ちがビンビン伝わってきました。
お母さんたちの愛情に負けないくらいの愛情をもって、子どもたちとともに成長していきます。
ご協力ありがとうございました。
 
 
 
 

今年度 最初の避難訓練!

2018-04-20
全員 無事に避難です。
春の虫や植物も気になるよね…
平成30年度 最初の避難訓練を実施しました。
生まれて初めての避難訓練のお友だちもいて、ベルの音に驚いて泣き出してしまうお友だちもおりました。
先輩たちは、手で口をおおいながら、慌てずに避難することができておりました。スゴイ!
 
お・・・おさない
は・・・はしらない
し・・・しゃべらない
も・・・もどらない
 
避難訓練のきまりごとや、訓練の大切さをあらためて確認しました。
ふざける子、避難しない子、一人もいなかったことがスバラシイ。
先生たちの誘導も落ち着いていました。
久々に避難車も出動できたし、これからも”よい訓練”が継続できるように、日々の保育を続けていきます!
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る