本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

芝生の上でのびのびあそぼう!

未満児のお部屋をリニューアル!!

カーペットを張り替えましたよ!

室内遊具を入れ替えました!

雪が降っても、これでヘッチャラだね!

トトロ! まっくろくろすけ! 発見です!!

こんなデザート夢みたい!

保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※延長保育は19:00まで
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

思い出の一コマ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

リベロサッカー教室 ~外遊びデー~

2019-08-27
しゅんコーチ。イケメンです!
うめ組さん、サッカー大好き!!
ゆり組さんは、サッカー遊び!
すみれ組、かけっこ&トンボ探し!
ばら組さん、お店屋さんごっこ!
さくら組さん、シャボン玉鑑賞だね!
約束事をしっかりと聴く姿が身についてきました。(嬉)
朝晩は、「涼しい」どころか「寒い」くらいになってきましたが、日中はまだまだ太陽さんが頑張ってくれております。
 
本日は、年長児うめ組さんは”リベロサッカー教室”で腕を磨き、ゆり組さん・すみれ組さん・ばら組さんは元気に外遊びを楽しみました。
 
子どもたちがハツラツとした姿で、園庭を楽しそうに走り回っている姿が大好きです。
 
「キャーっ」でも「うわぁ~!」でも良いのだが、何かを発見した時の子どもたちのリアクションも大好きです。
 
年齢によって、遊び方の質やバリエーションは異なるけれど、うちの保育園の子どもたちは”外遊び”が大好きです。
 
みんなと一緒に何かを作り上げる喜びも大切だけど、いろんなことに興味を示せること、そしてそのターゲットを自分で探せることは長い人生の中でもとても重要な事です。
 
狭い園庭ではありますが、子どもたちにとってもっともっとワクワクできる環境づくりを目指していきます。

お手伝い! ~これはタケノコではな~い!!~

2019-08-26
ほらっ、うまいでしょ!
あれっ、これでいいのかな?
たのしいよね!
おっ、なかなかやるねぇ~
もう職人芸ですね。
もっとやりたい!!
「これ、タケノコじゃん」…、似てるけど…。
本日、給食で使用する”きみ(とうもろこし)”の皮をむいていただいたのは、以上児のお友だちです。先日も頑張ってくれた年長児うめ組さんの指導のもと、後輩たちも参戦しました。
 
みんな、”うまい”のです。 さすがです!
 
そして、教え方も”うまい” すごいです!
 
しかし、「これ、タケノコじゃん」論争が勃発しました。
 
一般的に”タケノコ”というと、立派なアレを思い出しますか?それとも、瓶に詰まった細いアレを思い出しますか?
 
全国的には”孟宗竹”が標準かもしれませんが、津軽では”姫竹”が標準的です。(たぶん)
 
ようは、「”きみ”の芯が、姫竹さ、似出る!」ってことです。
朝の一コマから、子どもたちがドンドン津軽標準を身に付けていることに気付かされました。
 

地域交流 「国際交流夏祭り」 ~すごいね!地域のチカラ!~

2019-08-24
いざ出発! 並ぶのも上手くなった!
車に気を付けて!はじっこを歩こう!
26回も続いている夏祭りです!
櫓(やぐら)もあります!
きれいな輪をつくれるね!すごい!
ご褒美もいただきました!!
提灯に名前があると嬉しいよね!!
夏の地域交流行事「国際交流夏祭り」に参加させていただきました。私たちの地域には、「国際交流会館」という外国からいらしている留学生の方々のための施設があり、そこに住まわれている方々に少しでも日本の文化にふれて欲しいという願いが込められた行事なんだそうです。もう26回も続いている伝統行事ともいえますね~。
 
さて、今回はうめ組・ゆり組・すみれ組の以上児のお友だちが、元気いっぱいに歌や踊りを披露してくれました。
 
子どもたちがいるだけで、その場の雰囲気がキラキラしているような感じになります。
 
やっぱり、子どもたちが、みえないパワーをふりまいてくれているんだと思う!
 
地域に大切にされて、拍手をいっぱいもらえた子どもたち。
子どもから地域へパワーを!
地域から子どもへパワーを!
この繰り返しでみんなで元気に進んでいきましょう!!
 
来年も楽しみにしていますよ~!!
 
 

表情から感情が作られる。 ~保育士養成校の研究より~

2019-08-24
自然な笑顔はやっぱりメゴイです!!
東北女子短期大学の研究報告会に参加させていただきました。
保育士養成校として『何を養成するのか』という不変のテーマのもと、「実習生に対する保育者の助言」についてディスカッションさせていただきました。
 
まずは現状から。
①保育士の養成校(弘前)で学ぶ。
②保育園(弘前)で実習する。
③保育園(関東)に勤務する。
 
弘前の養成校と保育園は、保育士を生み出すけれど、その保育士を雇用できない。言い方は悪いかもしれないが、「都市部の保育士不足解消」のために保育士を育成しているとさえ思えてくるような現状なのではないか…
 
そんな現状を打破して、「地元の保育園に勤めたい」という保育士が一人でも多くなるようにという研究や活動を頑張っているのです。
 
「働き方改革」や「保育士の処遇改善」は当然のこととして、保育園の業務の内容と子どもたちの充実度、そして保護者の皆様の満足度を高レベルで調整しなければいけない時代に突入しております。
 
そんな難しいお話の中、最も印象に残ったことは、
「悲しいから泣く」のではない
「泣くから悲しい」のだ
※表情フィードバック仮説
 
これをプラスの感情に置き換えると…
「楽しいから笑う」のではない
「笑うから楽しい」のだ
となります。
 
笑顔とは…
①自然笑顔と②作り笑顔の二種類あるそうで、筋肉の動き方をみれば作り笑顔はすぐに判別できる時代なんですって。(怖…)
 
でも、笑顔 ≧ 作り笑顔 ≧ 無表情 じゃないですか?
無表情だったり、おっかない顔よりは、作り笑顔でもいいじゃないですか!っていう研究とかを真面目にしているのです。
 
伝えたいことがいっぱいありすぎてまとまってないけれど、私たちが保育のプロであるならば「表情から感情を作れる」という技は習得すべきだと思うし、子どもの前では自然と笑顔が生まれるように環境を整えていきたいとあらためて感じました。
 
また、続編を準備します。     園 長
 
 

地域交流大忙し! ~子どもはみんなに元気を分け与えてくれる!~

2019-08-23
きれいな輪ができてますね!
声も元気でよろしい!
ご褒美の焼肉です!
みんな元気でね~!
おいしいね~。
夢中です!
暑い~。熱い~。
最高です。次はいつ~?
しあわせって、こういう瞬間なんです。きっと!
本日は、園外活動二本立てです。
年長児うめ組さんは、「はるなの里」にお伺いし、高齢者の皆様や、障がい者の皆様と交流を深めてまいりました。
ひろ~い敷地でお遊戯を発表し、たくさんの拍手をいただいてまいりました。ご褒美の焼肉もおいしかったですが、なんといっても自家栽培の野菜が素晴らしい!
子どもたちも、調味料でごまかさない『野菜の味』を体験して驚いておりましたが、やっぱり地元の野菜、とれたての野菜っておいしいんだね~!
 
つづいて、年中児ゆり組さんは、「福寿園」にお伺いし、高齢者の皆様とともに野外食ラーメンをごちそうになりました。
普段は食の進みがゆっくりのお友だちも、ラーメンとなると話は別の様で…、あっという間に完食し、スープまで飲み干してしまうお友だちもおりました。(短命県返上!だけど今日はお許しを!)
 
年長さんも、年中さんも、「楽しかった~」「おいしかった~」といい笑顔で帰ってきましたが、おじいちゃん・おばあちゃんは、「うれしかった~」「またこいへ(おいで)」って言ってくれていましたよ。
 
君たちは、いてくれるだけで誰かに力を分け与えているんだよ。
自信を持ってのびのび育て!
私たち保育者も、いっぱい力をもらってます。ありがとう!!
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る