本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

夏色! お祭りもたのしかったね!

おにおにカレー

いたるところにオニ要素満載!

これがデザートなんて… スゴーイ!!

2021年も”トトロ”きてくれましたよ! これメロンです!

2月 生まれのおともだち

いい表情です!!


保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※平日の延長保育は19:00まで、ただし土曜日については事前申請制とする。(就労による利用に限る)
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

#保育園ブログ ~思い出の一コマ~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2月生まれのお誕生会 & 節分

2023-02-03
朝からオニがいないかキョロキョロしてたね。
うれしそうだな~
てれちゃうなぁ
ありがとう!
もも&さくら鬼
ばら鬼
すみれ鬼
ゆり鬼
うめ鬼
集中砲火!
オニオニボウリング
鬼が怖い。いやいや、子どもたちの方が怖いよ…
やさしいオニカレー、ウインナーは金棒!
本日は、2月生まれのお誕生会&節分豆まき会。
子どもたちは、朝から「キョロキョロ」「ソワソワ」しています。
”オニがくると、びっくりしちゃうから”と警戒しています。
”どうせオニは先生なんでしょ”という猛者もおりましたが…

さてさて、欠席者は落ち着いてきましたが今月もオンライン誕生会です。
定番の♪豆まき♪とカワイイ♪オニのパンツ♪を元気よく歌い…
まずは今日の子どもたちの武器…いやいや節分の制作発表をクラスごとに。

オニオニボウリングで楽しんでいると… ”ドン・ドン”
「きゃ~、オニだ~」
「ごめんなさい、ごめんなさい」
「いい子になります」

「ん、なんかこれは節分ではなくて、なまはげ的になっていないか?」とオニは思いました。
「以上児…、豆…早い。豆…痛い。」とオニは本当に逃げ出したくなりました。
「おい、卑怯だぞ。1対1で勝負だ~」とオニは思いましたが、無言で立ち去りました。
「今日は大好きな温泉に浸かり、サウナでリフレッシュだ」とオニは心を入れ替えました。

去年は泣いていたあの子が、泣かずに豆まき。
反対に、去年は泣かなかったあの子が、今年は号泣。
「鬼は怖い」というイメージ。
「日頃の行いに自覚症状がある」という、ある意味での子どもたちの成長が、「鬼の強さ(オニ強度)」を左右しているようです。
「豆まき」という行事にオニが登場すること自体の賛否もあるでしょうが、日本の伝統文化であることも否定できません。
「鬼を見て怖がる」「鬼を見て泣く」「鬼を見て攻撃する」など、子どもたちも様々な表情をみせてくれます。

今日、一番印象に残ったシーンは、鬼に連れていかれそうな先生が助けて~(演技です)と言ったときに、みんな怖がって動けませんでした。
みんなが一か所に集まって怯えているだけかなと思っていたら…
一人の女の子が、泣きながら「鬼は外~」と叫びながら、先生を救助しに飛び出してきてくれました。
すごい勇気。やさしさ。行動力。オニは本当に感動しちゃいました。

「豆まき」という行事、「鬼」という存在が、子どもたちの成長になっていることもあるんです。
来年は、そんな子どもたちに負けないように、もう少し丈夫な衣装を準備しようと誓ったオニであった。










テーブルマナー

2023-01-27
ナイフ&フォークに苦戦・緊張!
見た目も鮮やか!
マナー教室開始です。
できるかな~?
こうですか~?
お~、うまいね!
いい表情ですね
雰囲気で味も変わる! これが食の楽しさ!
フルコースだね~
年長児を対象に、テーブルマナー体験。
本当のテーブルマナーまでは厳密ではなく、まずは雰囲気を味わおうという企画です。
いつもの教室で、いつもの給食ではありますが、テーブルクロスやランチマット、ナイフとフォークが存在することで、レストラン感覚の子どもたち。
なぜか皆さん緊張の面持ちです。

「えっと、どっちナイフ??」
「脇は閉める」
「おしゃべりは小さい声で」

習いたての知識をフル動員して、ハンバーグに挑みます。

なかなか上手に使いこなしているようにみえるけど…
「はしがいいなぁ~」という本音もチラホラ。

でもね、今日の給食は以上のお友だちはみんな同じ献立なんだよ。
給食を食べる雰囲気。
給食を食べる環境。
ちょっとのひと手間で、味わいも変わることを学んでほしかったのです。
そして、食を楽しむ感覚を再認識することで、進学後の給食への移行をスムーズにという思いもあります。

ご家庭でも、マットや器を変化することで、食べる量やスピードに変化が出ると思います。
ちょっぴり背伸びして”大人扱い”してあげると、効果は大きいと思います。
スーパーのお惣菜も器に盛り付ければおいしくなるじゃないですか!(自分的には)
たまにで良いので、子どもたちに… ”ん、今日は何かが違う”と思わせることが食欲アップの秘訣ですよ!!

手作りうどんの日 = うどんを作る活動 = ドン活

2023-01-13
桔梗野の恒例行事「ドン活」です。
まずは、こねます。
ふ~みふみ♪
ふみふみ♪
切ります。
ゆでます。
しめます。
たべます。
おいしい
おいしいよね
おかわり~
粉からウドンへ。学びながら食べる。
おいしいウドンでしたよ~
温かい。?暑い? 1月とは思えない一日。
さて、桔梗野みのり保育園の恒例行事となりました「ドン活」です。
食育とかクッキングとか難しいことじゃなくて、給食を自分たちで作る日です。

未満児のお友だちもフミフミ。に参加です。
以上児のお友だちは、コネコネ&フミフミ。
年長児うめ組さんは、のばして&切る。
今日のウドンの製造過程のどこかに園児たちの手が加わっています。

粉が粘土みたいになる。
コネコネすると柔らかくなる。
フミフミすると、硬さが変わる。
伸ばすのは難しい。
包丁はちょっと怖いけど慎重に。

そして、おいしくいただく。

シンプルなんだけど、奥が深い作業を黙々とこなしていきます。
自分たちが食べる給食に関わる、自分たちが作ったものを振る舞う。
年長児にとっては、ただ楽しいだけではなくて、””誇らしさ””も感じ取れる一日となりました。

「何でできているんだろう?」
「どうやって作っているのだろう?」
食に対する興味や関心、イメージが膨らんでくれると嬉しいです。
ちなみに、子どもたちのお腹はパンパンに膨らんでいる??かもしれません。

※「モチモチしていておいしい」(ゆり組 男子)
 「コシがあっておいしい」(うめ組 女子)
  大人顔負けの食レポも聞かれましたよ~。
  すごい!!
活動の動画をアップします。

令和5年 1月 お誕生会

2023-01-06
まだまだお正月気分ですね。
1月生まれのお友だち
おめでとう
うれしそう
いい顔だ~
けんだま???
真剣です。
いっしょうけんめい
できたぞ~
新年一発目の行事! 元気が一番です。
1月のスペシャルランチ お正月
令和5年になりました。
お正月を迎え、雪かき…雪かき…雪かき… 大人は体がキツイはずです。
「あ~、もうちょっと休みたいなぁ」
「まさか、ブルきてないよなぁ~」などなど
厳しい現実と向き合う新年を迎えております。
まずは、健康第一に笑顔あふれる令和5年にしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

さて、令和5年、新年一発目の行事は1月生まれのお誕生会です。(オンラインにて開催)
残念ながらお休みのお友だちもおりましたが、お休みのお友だちは後日にお祝いします。

子どもたちの元気な歌声ってやっぱりいいなぁ。(雪のペンキ屋さん)
子どもたちの真剣な眼差しっていいなぁ。(けんだま 作ってみました)
子どもたちの変顔もかわいいなぁ(にらめっこ やってみました)

どれもこれも、子どもたちが健康だからできること。
新型コロナウイルスやインフルエンザもまだまだ油断できない感染状況にあります。
これからの季節の発熱や体調不良は、「ただの風邪」という感覚で対応してしまうと大流行を招いてしまいます。
お仕事も大変。お休みも不足している。など、各ご家庭の都合も十分理解しているつもりでありますが…
保育園という環境においては、感染症の発見の遅れは子どもたちを苦しめてしまうことになってしまうのです。
保育園の職員、ご利用いただいている保護者、園児。それぞれが再度、基本的な感染対策を徹底し「より感染症に強い保育園」を一緒に目指していきましょう!!
※お誕生会の様子は、ちょっぴりアップしておきますね





第90回 東奥児童美術展 入選おめでとう!

2022-12-27
佳作はあるが、入選は初の快挙かもです。
賞状を授与
嬉しそうな笑顔
おめでとうが言える子どもたちに育っています。
保育発表会の作品展示も終了。
各家庭に作品のお持ち帰りが始まる前に賞状授与式を行いました。

年長児うめ組 みおちゃん。第90回 東奥児童美術展に入選しました。
今までは、佳作はありましたが入選は無かったので快挙ですよ!

賞状を受け取り、照れながらも嬉しそうな表情をみせてくれた、みおちゃん。
本当におめでとうございました。

もう一つ嬉しかったこと。
りりちゃんも嬉しそうに手を叩き、祝福していた姿。
そして、お友だちみんなが”おめでとう”と祝福してくれたことです。

誰かが頑張っているとき応援できる子ども。
誰かが頑張ったとき祝福できる子ども。
なかなかできることではないかもしれませんが、桔梗野の園児たちは普通にできました。

これからみんなもっともっと成長していきますが、この素直な気持ちは忘れないでほしい。
忙しく仕事に追われがちな年末に、”ほっ”とした瞬間でした。
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る