本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

芝生の上でのびのびあそぼう!

ご入園・ご進級 おめでとうございます!

お花の香りに包まれて 新年度スタート!!

クライミングウォール 設置完了!

心もカラダもすくすく育て!

 体を操る感覚を育む

体操教室 はじめました!

保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※延長保育は19:00まで
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

思い出の一コマ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

連休中の医療機関診療日について

2019-04-25
見にくいですが当番医一覧です
いよいよ大型連休を迎えようとしています。
しっかりと予定を立てている方。
完全ノープランの方。
皆様それぞれにおたのしみになることと思います。
長いお休み中に、お子様の体調がすぐれない場合は、適宜、病院にお問合せ下さい。
 
インフルエンザの再流行もあるようです。
健康第一で、たくさん思い出を作ってくださいね。
 
連休明けは、たくさんの思い出話をきけることを楽しみにしていますよ!
 
良い連休を!
 

~次世代の保育者を一緒に育てる~

2019-04-24
平成31年度 青森県保育連合会 津軽南支部
      弘前市保育研究会   共催
 
施設長研修会に参加させていただきました。
 
テーマは「保育士の確保について」
 ~ 次世代の保育者を一緒に育てる ~ でした。
 
講師は、東北女子短大学 学長 島内智秋先生です。
 
様々、ためになる情報をいただけたのですが、自分の中で整理しきれなかった部分をあえてお知らせさせてください。
 
・地元で働くことのよさはなんですか?
・自園のよさはなんですか?
・自園のよさをどのように可視化していますか?
 
シンプルだけど、ど直球の質問に、答えを失ってしまった自分がおりました。
 
単純に、「現状=最高」ではないにせよ、「よい」もしくは「よりよく」しながらとは考えておりますが、『自園』のことを客観的にみる経験が少なすぎている現状に気付かされました。
 
自信を持って「うちじゃなきゃできないこと!」って、実は少ないのかもしれない…。
でも、当たり前になりすぎて、気づかない・忘れていることも多いのかもしれない…。
 
「次世代の保育者を一緒に育てる」ためには、自園の事を良く知る事、言葉や文字・写真や映像で、自園の取り組みを伝えられることが大切だと言う事を痛感いたしました。
 
まずは、実際に働く先生方に、「自園のよさ」をきいてみたいと思います。(ちょっとドキドキだけど…)
 
文責 園長
 
 
 
 

待ってました! ~ やっときました桜前線  ~

2019-04-22
桜も子どもたちの笑顔も日本一だ!
いよいよ津軽にも桜前線が到達し、市内の桜が一斉に咲き乱れております。道路脇の桜、お庭の桜、などなど、「桜色」一色にそまっております。
 
さて、春うららな昼下がり、「日本一の桜」とも言われております弘前公園の桜をお花見してまいりました。
 
お天気も良く、桜も見ごろとあって公園内は大混雑。
市内の保育園、幼稚園のお友だちや観光客でごった返しておりました。
 
お花もきれいだし、出店も気になるし、人もいっぱいだし…
気になることがいっぱいだったけど、先生のお話をよくきいて行動することができていました。
 
保育園から一歩踏み出した時に、子どもたちの成長の様子がハッキリとわかります。
「保育園」という”枠”の中だけで通用するものではなく、「社会」にでて通用する感覚を養っていきたい!
だから、これからも保育園からドンドン踏み出していきますよ!
 
最後になりましたが、ご家族の皆様、お弁当のご協力ありがとうございました。お弁当が偏らないように慎重にカバンを持つ姿、お弁当を開けた瞬間のあの表情、やっぱりカワイイです。
いつまでも、母の手作り弁当に”トキメキ”を持ち続けられる子どもたちでいてほしい!そうしたいです!
桜と岩木さんと子どもたち!
ピンク~!
お花見といえば…お弁当!
いっぱい歩いたからご褒美です!

修行体験 ~弘前・禅林街を歩く~

2019-04-17
禅林街を歩いたよ
なんかむずかしいなぁ
背中を伸ばすって大変
静かな世界を再発見
お世話になりました。ありがとうございました。
弘前に住んでいながらも、国の史跡にも指定されている「禅林街」の存在を知らない人や子どもが多くなってきている現状をふまえて、一人でも多くの子どもたちに、その存在を知ってもらいたいという想いを込めて企画された行事です。
昨年に引き続き、第2回目の実施となります。
今回は、泉光院さんにご協力をいただくことができました。ありがとうございました。
 
「座禅って何?」
「なんでお寺にいくの?」
「なんか怖いのでてくるかも…」
 
それぞれの想いを胸に、禅林街を散策しました。
真っすぐに伸びる大きな木、たくさんあるお寺の違いなどを発見しながら歩きました。
泉光院さんに到着すると、まずはお釈迦様にごあいさつ、お賽銭をしてから座禅のお部屋に進みました。
 
座り方や手の組み方、座布団の使い方を学び「むずかしいなぁ」とつぶやきながらも、一生懸命がんばりました。
 
和尚さんから「今日みたいに背中を伸ばして座ることも修行です。でも、ご飯を食べたり、遊んだあとの片付けをすることも修行なんです。」という、ありがたいお言葉をいただきました。
 
保育園に戻ってから、聞かれた一言「じゃぁ、なんでも修行なんだね」… そう!そう!そういうこと!!
 
なんでも、やってみること!
あきらめずに、やってみること!
 
だから… なんでも、やってみよう!!
 
人間ですから失敗も成功もしますが、そこから何を学ぶのか?感じることができるのか?がとっても大切になってきます。
 
今回の修行体験が、自分の行動を冷静にみつめられるきっかけになってくれると嬉しいです。

食育朝会 ~日本人の心 ”ありがとう”~

2019-04-15
いただきます。感謝の気持ち。
なんでもたべてみよう!
これはなにかな?
小学校に入学した1年生たちも、今日から通常の時間割になるのかな?初給食、午後の睡魔… 負けるな1年生!
 
さて、今年度、最初の食育朝会です。食「19」で19日近辺に実施しても良いのですが、行事が重なることが多く…
というわけで、毎月第3月曜日に朝会の時間を使って、食べることの大切さ、たのしさを伝えていこうと思います。
 
今回は、”あいさつ”です。
「いただきます」「ごちそうさまでした」保育園では当たり前だけど、お家ではいかがでしょうか?
「いただきます」って、どんな意味??
1.食事を作ってくれた人への感謝
2.食材への感謝
ようは、”ありがとう”ってことです。
 
「ごちそうさま」って、どんな意味??
昔は今のように冷蔵庫とかもなくて、食材を集めることが大変で、あっちこっち走り回って、ごちそうを準備していたんだって。そんな大変な思いをして準備してくれて”ありがとう”っていうことなんですって。
 
んんん…
「いただきます」も「ごちそうさま」も”ありがとう”って言う意味なんだ!!
食事の最初と最後に”ありがとう”という気持ちを表す日本人の考え方や食文化って、あらためてスゴイと感じました。
 
どこで、なにを食べても、自然とあいさつがでてくるようになるといいね。そして、みんなが大人になって、いつか親になったときにも自分の子どもにしかっりと”日本人の心”を伝えられるようになっていてほしいな~。
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る