本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

芝生の上でのびのびあそぼう!

未満児のお部屋をリニューアル!!

カーペットを張り替えましたよ!

室内遊具を入れ替えました!

雪が降っても、これでヘッチャラだね!

トトロ! まっくろくろすけ! 発見です!!

こんなデザート夢みたい!

保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※延長保育は19:00まで
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

思い出の一コマ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

弘前市病児病後児保育利用について ~事前登録が必要です!~

2019-09-12
これからは更に寒暖の差が激しくなり、様々な感染症の流行期を迎えることになります。
お仕事をしながらの育児…、お父さんもお母さんも、きっと余裕がない状況でしょう。
保育園からの『熱があがりました。』という連絡を受けて、我が子を心配する気持ちよりも、「またか…」と思ってしまう気持ちになってしまうことも、皆様と同じように子育て真っ盛りの私は理解できます。
しかし、保育園としてはやはり「子どもが第一」なのです。
 
若いうちは、「自分がいなきゃ仕事がまわらない!」なんて、自信過剰なくらい思っていましたけど、ある程度年を重ねた現在においては、「俺がいなくても仕事は回る!」ということがわかってきました。
 
みなさん、肩の荷を下ろしてください。
 
そして、「自分がいなくても仕事は回る」けど「自分がいないと子ども育たない」ということを忘れないで下さい。
 
よく玄関で「何かあったら連絡ください。」というお話をききますが、その時点で我が子の変化に気付いているってことですよね。集団で生活を共にする保育園においては、「何かがあったら」では遅いのです。もし、感染症だったら…
何気ない登園が感染を拡大してしまうのです。
 
ですから、どうしてもお仕事を休めない場合を想定して、「弘前市病児病後児保育」の事前登録をおすすめします。
 
参考までに、「しおり」の情報を添付しておきますが、登録申込書などは弘前市のホームページ等でも確認できます。
 
「これくらいなら大丈夫」と勝手に判断せずに…
「こどもがいちばん」ですよ!!
 

恵みの雨! ~RSウィルスに罹患してしまったお友だちがいます~

2019-09-11
体操教室!まずは一段!
二段にもチャレンジ!
年長さんは、学習中です。
ばら組は、新聞紙あそび!
たのしいんだよね~。新聞あそび!!
9月も半ばに差し掛かろうというのに、記録的な暑さで熱中症になってしまう人も増加していた矢先…
やっとのことで、涼しい一日。雨でジメジメしているけれど、ギラギラと照り付ける太陽の陽射しがないだけで一安心です。
 
さて、本日は、ゆり組&すみれ組は「体操教室」です。
年長児うめ組は、学習タイム。
そして、ばら組さんは、新聞紙あそび。
 
みんなそれぞれに楽しんでおります!
 
学習中のうめ組のお友だち…
『ちょっと~、静かに数えてよ~』
『うるさくて数えられない~』
なんてやりとりがありました。
「声にだして数える派」VS「心の中で数える派」の討論ですね。
結局… 討論に夢中で誰も数えられなかったというオチに気付き、その後は両派ともに仲良く共存しておりました。
 
ばら組さんは、「遊び方」「楽しみ方」が上手になってきました。また、お友だち同士でルールを設定してかかわる様子などもみられ、すくすく成長していて嬉しいです!
 
保健のご報告!!<R1.9/11.10:00現在>
RSウィルスに罹患してしまったお友だちがいます。
さくら組 1名
も も組 1名
特に、胸の音が「ゼーゼー」「ヒューヒュー」していたら、かかりつけの病院へ受診をおすすめします。
今日は、お熱で早退する子も増えています。
登園前の検温や健康チェックをよろしくお願い致します。
 
 
 

敬老のつどい ~きみたちのチカラ、だれかのチカラに!~

2019-09-09
トラックの荷台がステージです!
立派にごあいさつもできました!
いっぱい練習したもんね!
人前でもしっかりしています。
みてみて! ノリノリでしょ!
ありがとうございました。よし!
興味を持って聴くチカラが育っているね。(お誕生会)
9/7(土)特別養護老人ホーム福寿園の「敬老の集い」にお招きをいただき、元気にお遊戯を披露してまいりました。
9月の最高気温を更新するほどの暑さの中でしたが、子どもたちは練習以上にハツラツとした姿を皆さんに披露しておりました。
 
当日の朝までは「代表園児の挨拶」と「おゆうぎ」の練習をしかっりと頑張っており…「これで本番は安心だな!」と思っていたのですが…
 
『みんなで、ありがとうございましたって言いたい!!』
 
という園児の声が生まれ…  急遽、練習しましたよ。
 
何という感覚でしょうか、嬉しい・誇らしい…、感動ですね。
 
「ありがとう」という気持ちがあること。
「ありがとう」をカタチにしたいという提案ができること。
「ありがとう」を伝える優しさがあること。
 
この感覚があれば、どこに行っても生きていけます。
きみたちからいただいたチカラで、心がぽかぽかになったよ。
 
こちらこそ、ありがとう。 また、たのしもうね!

どこに着地するの? ~着地点を考えて保育する~

2019-09-06
車のフロントガラスにペタリ… 近っ!!
研修復命です。 学んだことを伝えることも大切!
まだまだ暑いですけど…秋です!
虫たちも元気に活動しています。先日も車のフロントガラスに素晴らしい着地を決めてくれたバッタさんに出会いましたし…
 
さてさて、本日は先生方の近況から。
先日、研修に参加した先生による復命報告がありました。
今回の研修テーマは「総合保育絵本って、どうやって使うの? ~たのしく活用するために~」です!!
 
そもそも、「お話絵本」と「総合保育絵本」とがあって…
お話絵本が、 保育者 ⇒ こども の一方通行なコミュニケーションツールであるのに対して、
総合保育絵本は、 保育者 ⇔ こども の両方向、キャッチボール的なコミュニケーションツールという違いがあるんですって。シチュエーションで使い分けると良いようですよ!
 
”伝える”とか”教える”のではなくて、”子どもたちから教えてもらう”ということをテーマにすること!! 要するに、子どもたちが逆に先生とか親に教えるくらいのシチュエーションの方が、子どもたちは喜びますってことです。
 
シールを貼ったり、色を塗ったりと、子どもの自由な発想を認めて大切にしてあげることで、総合保育絵本が「ぼくだけの本」になっていくのです。
これからは、もっともっと「お父さん・お母さんにも教えてあげてね!」っていう言葉を添えて持参させるようにしますので、総合保育絵本を通じて、保育者 ⇔ 子ども ⇔ 保護者 という関係が築いていければ嬉しいな!
 
最後に、生活指導に関しては、”保護者”や”保育者”が一方的に教えるだけでは『しつけ』ではなくて『おしつけ』になってしまいます。できるだけ子どもたちに「これでいいのかな?」などと問いかけて、自分で答えを探せるようにしてあげましょう。
 
余裕がないと、ついついね…。わかります。
でも、子どもだって同じです。
余裕がないと、ついついの場合もありますからね~!
 
保育者や保護者が、「遊び」や「学び」の着地点をイメージしながら子どもと関わっていけたらいいなぁ~。
 
ん…、着地点…、それでバッタの写真…。
 
 
 
 
 

9/1は防災の日! ~非常時常備食を食べてみよう!~

2019-09-03
何が入ってるでしょうか?
あっ、もしかして…
お魚が入ってるね~
ぜんぶ、フツーにおいしいよ!
「これは、なに??」
取り替えていただきました。
常備水、乾麺、缶詰、切干大根など。おいしそう!
9/1は、「防災の日」でした。
本日は、防災の日にちなんで『非常時常備食』という献立名にしてみました。給食を楽しみにしているお友だちからは、「今日の献立、意味が分からないのだけど??」という質問もありましたが、「もしもの時に、”作れるように”」と同時に「もしもの時に、”食べられるように”」という練習も大切なんだよ~!!
 
「このスープ、何が入ってるの??」
「缶詰のお魚だ~」
「あっ、お豆も入っているよ~」
 
保育園でも定期的に常備食のチェックや、賞味期限の確認を行っておりますが、防災の日に限らず子どもたちが「いつでも食べられる」ように少しづつ練習をしていきたいと思います。
※缶詰の風味・香りが苦手なお友だちが多いです。
※災害時の常備食の一つとして、少しづつ食べられるといいな。
 
話題は変わります。
園外活動、お散歩、今年はいつにも増して安全対策に力を入れるきっかけがあったおかげで、いろいろなことに目を向けることができたのだと痛感しております。
茶色くさび付いてしまった標識は、『近くに、学校、幼稚園、保育所等あり』という警戒標識です。
お散歩に出かけたお友だちが、「この標識、本当は何色?園長先生に言って、直してもらう」という気づきがきっかけで、修繕に至りました。
 
早速、市の道路維持課に連絡をする…
「そのうち、近くまでいく事があったら、みておきます」
 
こりゃ、絶対に後回しだろうな… 仕方ない…
 
と思っていたら…、「もう、直しておきましたから。ご確認ください。子どものためには頑張りますから!」なんていい人!!
 
ピカピカに光る黄色。『これが本当の色だよ』エヘン!!
 
地域の皆様に見守られ、安全に過ごせております。今後ともよろしくお願い致します!! 
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る