本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

芝生の上でのびのびあそぼう!

園庭に新しい遊具が仲間入り!!

ウェーブスライダー! たのしいよ!

これがデザートなんて… スゴーイ!!

今年も”トトロ”きてくれましたよ! これメロンです!

桔梗野ねぷた出陣!!

5歳児うめ組さんが力を合わせて製作したよ!

保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※延長保育は19:00まで
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

#保育園ブログ ~思い出の一コマ~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

サプライズ企画! 水族館に行こう!

2020-12-17
大興奮の二日間! 今日はお出かけです!
海底トンネル
クリスマスver
ちゃんと対策をして
集合が上手くなった
イルカのお腹と
こらこら捕まえるな~
予約席です。vip
ステキな寝顔です。
ず~っと行きたかった浅虫水族館に、や~っと来れました!
やっとみんなで来れたね~。
コロナコロナの令和2年も残すところあと僅か。
大変だった時期も、みんなで協力して乗り越えてきましたよね。
 
まだまだ油断はできないけれど、私は対策をした上で少しずつ動き出すことも必要だと思います。
 
子どもたちの生命は一番大切です。同じくらい子どもたちの”今”もとっても大切です。
 
保育園生活で得られる、たくさんの思い出、たくさんの経験をいっぱい蓄えて進学させたいと思ってます。
 
さてさて、本当に待ちに待った浅虫水族館です。
どこにいきたい?と問うと、全員が”浅虫水族館”と答えるほどの人気スポット。
 
なんで今日だけ大雪なんでしょうか?という吹雪なスタートです。
でも、バスの車内はポカポカで快適な移動です。
※♪雪のペンキ屋さん♪を歌うと… ♪ま~しろく、ま~しろく♪と歌うと吹雪く魔法が…
 
浅虫水族館もバッチリとコロナ対策をしていただいております。
密を避けて、楽しめるように、浅虫水族館クリスマスverを楽しむことができましたよ!
 
集合写真も上手になったし、コロナ社会で気を付けるべきことが身についてきています。
今日は、日頃から年長さんとしていっぱい頑張ってくれているうめ組さんにプレゼントです。
 
ちょっぴり奮発してカレーを食べてきちゃいました。
いつもより食も進み、マナー良くお食事をすることもできたね。
 
『年長さんとして、やれなかったこと』がないように、無尽蔵のアイディアと工夫で今年だけの思い出をい一杯積み重ねていこうね!
 
 
 

保育園生活の思い出をつくる! ~クッキング おかしの家~

2020-12-17
渾身の企画です! クッキーハウス。 
クッキーのパーツ
アイシングで接着
基礎が大切ですね!
屋根をかけました。
雪山もあるね
サンタさんも満足
サンタハウスの集落
また作ろうね~
組み立てるよろこび! 飾り付けるよろこび! 
やればできる。そこによろこびがある。
先日の”お菓子の家づくり”に続きまして…
本日は、「お菓子の家づくり クッキングver」を行いました。
 
『おかしの家って、なんか憧れるよね~』という一言から、あちらもこちらもテンヤワンヤ!
いろんな協力者を巻き込みながら、企画開発を進めてきた渾身の行事です。
 
クッキーは型から開発してもらい、最適な厚さを実現するための工夫がふんだんに盛り込まれております。
 
子どもたちも、クッキーが欠けないように、慎重に組み立てることができ、全員がみごとに家を新築することができました。
 
デコレーションも独創的で、『どうやってくっつけたんだ?』という奇跡的な技術もちりばめられています。
 
一つだけ新発見ですが…
デコレーションのサンタさんは、「家をみつめてる」or「家を背にしてる」これって本当に個性が出ます。
「家から出てきたところ」とか、
「家にはいるところ」などの意見は多かったものの…
 
『自分が家の中にいるから…』なんて哲学的な根拠もあって、やっぱり製作っていろんなものを育てるんだな~と、あらためて認識することができました。
 
ケーキ作りにはない手順、感性が育まれる機会が多いこの企画、続けていきたいなぁ~
 
最後に、この企画を協力していただいたすべての皆様に感謝いたします。
『やりたい』が『できる』になる瞬間のトキメキって、やっぱり最高ですよね!!
 

12月生まれの誕生会 ~おかしの家づくり~

2020-12-01
憧れの「おかしの家」 なんかすごいね~ 
12月生まれのお友だち
おめでとう!
ぺたぺたして~
一番人気の…
あら、や~ね~。
楽しかったよ~
おかしの家づくり? おかしな家づくり?
お誕生日おめでとうランチ! 豪華です!
今日から12月。令和2年も残すところあと1ヶ月となりました。
結局、コロナコロナの1年となってしまいましたね~。
でも、楽しむところはしっかりと楽しんで、良い思い出を積み重ねていきましょう!
 
さてさて、本日は12月生まれのお誕生会を実施しました。
本当に、みんな立派になって… 本当に一人ひとりの成長を実感しました。
 
今日は、「おかしの家づくり」(おかしな家ではないですよ。)
みなさん、憧れませんでしたか?
お・か・し・の・い・え。
 
どんな感じで楽しんだのか… 説明が難しいので動画をアップします。
 
次から次へと、先生たちのアイディアはどこから湧き出てくるのでしょうか??
 
しばらくの間は玄関に飾りますが、お菓子はみんなでたべようね~。

コロナ禍だからこそ準備が大切。

2020-11-21
大変だけど、消毒も頑張る。もう雪降るよね~。勉強も…
ばい菌サヨナラ
一斉消毒
遊具も冬眠
雪解けを楽しみに
勉強もがんばる
さまになってきました
時間は確実に進む。子どもたちの成長を止めてはいけない。
コロナコロナ… 気が付くと令和2年もあと1ヶ月余りとなってしまいました。
ということは… 卒園・進級までは、あと4ヶ月足らずと言う事です。
 
保育園としても、引き続きコロナ対策は継続しつつ、インフルエンザも流行しないように最大限の努力をしてまいりますが、一人ひとりができることを確実にしていくことが最大の感染対策になると思いますので、みんなで一緒にがんばっていきましょうね。
 
さて、コロナの影響で満足に遊ぶ事ができなかった園庭の遊具たちも、越冬の準備のため雪囲いです。
雪が解けたら、いっぱい遊べることを祈って、しばらくは冬眠してもらいます。
 
年長児うめ組さんは、しっかりと学習も行っています。
学習の内容とかレベルとかではなく、まずは「学習の習慣」を身に付けるための雰囲気を感じてもらうことが大切です。
 
「学習の前にはトイレに行く」「正しい姿勢で学習する」「おしゃべりをしない」などなど、小学校の授業を受けるための練習です。
 
何事も準備が大切です! 
 
月日の移ろいを表現する時、「もう○○日」とか「あと○○日」と言いますが、どちらのイメージも持ちつつ着実に準備していきましょう。
 
エラそうなことを言っている自分自身が、年度末に慌てないように、日々少しずつでも頑張ろうと決意を新たにしました。

食育活動 ~ ”きりたんぽ”づくり ~

2020-11-20
ごはんがカタチを変える過程を学ぶ!
こねこね
プニプニ
できた~
早く食べたいね~
たのしみ~
デキタヨー
「なんでやるのか?」と「なんでやらないのか?」を整理する必要がある!
未満児はコロコロおにぎりです。
11/16(月) 食育活動の一環として”きりたんぽづくり”を行いました。
 
今日は「なぜ、”きりたんぽづくり”なのか?」についてご説明をしたいと思います。
 
保健衛生・安全管理の研修において…
「コロナ禍であるという前に、ノロウィルスや食中毒のリスクがあり、誤嚥の恐れ
もあるのに、なんで保育園では”もちつき”を続けるのでしょうか?」
 
「日本の伝統文化を体験させたいというのなら、杵や臼も扱える年齢になってから
でも遅くはないし、そもそもご家庭でやるべきことなのでは?」
 
「”もちつき”なんて昭和ですよ」
 
背景には、研修講師のドストレートなご意見があったのです。
 
職員みんなでいっぱい考えましたが、研修講師のご意見は間違いではなく…
「でも、ただなくすのは… それでなくてもコロナなのに…」
 
で、編み出されたのが”きりたんぽづくり”でした。
 
「なんでやるのか」
①衛生管理を徹底し、自分で作ったもの以外は触らない。
②コメがゴハンになって、コネコネするときりたんぽになって、もっとコネコネす
 るとお餅みたいになるというプロセスを感じて欲しい。
③”自分でつくる”という好奇心を失わせたくない!!
 
コロナ禍のおかげで「なんでやるのか?」について深く考えるいい機会をいただけ
ています。同時に「なんでやらないのか?」の根拠を明示する責任も生まれている
ことに気付かされています。
 
今回は、「もちつき」について行事のブラッシュアップを行いましたが、
様々な行事や企画も、もっともっと根拠あるものにしていきたいと思います。
 
 
 
 
 
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る