本文へ移動

桔梗野みのり保育園

園の外観写真

ピンクの園舎が目印です!

芝生の上でのびのびあそぼう!

園庭に新しい遊具が仲間入り!!

ウェーブスライダー! たのしいよ!

これがデザートなんて… スゴーイ!!

今年も”トトロ”きてくれましたよ! これメロンです!

桔梗野ねぷた出陣!!

5歳児うめ組さんが力を合わせて製作したよ!

保育方針

一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかでたくましく生きる力を育てる。 当園は、園児の人間性や能力を開花させ、発達させていくと同時に、健康で明るくたくましいこどもを育てることを保育方針としています。
 
  1. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来るように、環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ります。
  2. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  3. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

保育目標

  1. 豊かで伸び伸びと明るい子。
  2. 健全で躍動感のある子。
  3. 感謝の心と思いやりのある子。

概要

名称
社会福祉法人みのり福祉会 
桔梗野みのり保育園
所在地
〒036-8227 
青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
電話番号
0172-32-6994
FAX番号
0172-32-7031
代表者
園長 小島 康司
  (おじま こうじ)
E-mail
定員数
70 名 
( 2号定員 38人  3号定員 32人 
クラス
2号定員(3歳以上児)
5歳児:う め組、4歳児:ゆ り組、3歳児:すみれ組
 
3号定員(3歳未満児)
2歳児:ば ら組、1歳児:さくら組、0歳児:も も組
業務内容
延長保育事業
一時預かり事業
休日保育事業
職員数
園長1名、主任保育士1名、保育士12名、看護師1名、調理員2名、栄養士1名
保育時間
月~土/7:00~18:00まで 
※延長保育は19:00まで
休日
日曜日/祝祭日/年末年始/当園が定めた日

交通アクセス

学校区は、弘前市立桔梗野小学校、弘前市立第四中学校です。

住所:〒036-8227 青森県弘前市大字桔梗野3丁目10-4
アクセス:●弘高下駅  徒歩約10分 
     ●弘前市立第四中学校  徒歩約5分

#保育園ブログ ~思い出の一コマ~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

年中児ゆり組 初リベロサッカー教室

2021-02-02
サッカーたのしい。汗かいちゃったよ~
コーチのお話をよく聞いて
いろいろ体を動かします
あたま!
なでしこ
作戦会議
ゴール!
シュート!!!!
チームで喜ぶ!
これから増える引継ぎ事項。春に向けての準備期です。
チームで動く気持ちが生まれてきたね!
本日は節分。
保育園では、昨日「豆まき会」を実施したので子どもたちは油断しまくりです。
『昨日は保育園に鬼が来たから、今日はお家に鬼がくるんだよ~』ですって。
カワイイですね。

さて、年中児ゆり組さんが初リベロサッカー教室を体験しました。
「年長になったら始めること」って結構あるんですが、サッカーは特に人気のメニューです。
初めてということもあってか、普段よりも集中してコーチのお話を聞いています。
また「オレガオレガ」「ワタシヨワタシ」という我も抑えられていて、『チームのために』という意識も芽生え始めているようでした。

久しぶりに、集中して体を動かすことができ良い汗をかいておりました。

これからは、年長さんになったときに困らないような「年長さん・うめ組さん」の練習・体験が多くなります。
「できる」「できない」と一喜一憂するのではなく、『やってみること』が大切です。

成功体験を積み重ねることも大事ですが、上手に失敗を取り込めるように導いていきたいです。
チャレンジする気持ちを応援していきますよ~

あっという間の令和2年度! いよいよ2月突入です! 

2021-02-01
本日は誕生会&節分豆まき ~なんであやまってしまうのだろうか??~
2月生まれのお友だち
節分の製作発表です!
鬼は外~
もも&さくら
ばらさん
すみれさん
ゆりさん
うめさん
ごめんなさ~い
クタクタの鬼たち…
「こわ~い」「ごめんなさ~い」 「いい子にしますから~」
無邪気な笑顔です。鬼さんと仲良しになれるなんてスゴイね!
いよいよ本日から2月です。
今年は百数十年に一度の2/2の節分なんですって(珍しい年なんです)

そんな訳で、本日はお誕生会&節分豆まき会を実施しました。
2名の2月生まれのお友だちも、立派な姿をみせてくれました。
また、豆まきゲームも楽しんで参加してくれました。

ところで、豆まきの鬼って、どうして怖いんでしょうか?
コテコテの古き日本の伝統文化ではありますが…
時代は令和、デジタルの世の中になった今でも、子どもたちにとっての”鬼”の存在は別格です。

自分自身もありますが…おそらく鬼に怒られそうな”心当たり”があるんだと思います。
子どもたちは、怖がりながらもしっかりと”鬼と約束”を交わしておりました。

ホットな様子をアップします!


テーブルマナー ~少しずつ卒園へと近づいていますね~

2021-01-29
”なんか…緊張する~” ナイフとフォーク、スプーンを使った食事にドキドキ。
当園のシェフでございます。
本日のメニューは…
うまいじゃん!
おいしそう
うわぁー
よろこびのニコリ
練習してきた
なぜか緊張気味!
”この日のために練習してたんだよ”って、とても良い解釈だと…
スペシャルランチ 野菜のうまみを活かして!
年長児の卒園行事の一つでもある「テーブルマナー」ですが、今年はホテルではなく保育園で実施いたしました。

調理員たちは密かに「ホテルのレストランには負けない!!」と闘志を燃やしてくれたのでしょう…
料理の彩りも、雰囲気も良く、もちろん調理員や先生たちの心配りも良く、『空気からおいしい』時間でした。

そんな素晴らしい雰囲気を感じ取ってくれたのでしょうか、子どもたちは背中をピーンと伸ばしておすましです。

”なんか緊張する~”
”できるかなぁ~”
なんて言っていた子どもたちですが、いざ使い始めるとうまいもんです。

ナイフとフォークを自在に操る強者もおりましたよ!!

「ナイフとフォークの使い方、うまいね~」と褒めたら…
『俺は、この日のために練習してたんだよ』んんん??
外食を肯定してみせたのか?どういう意味だ?

ナイフとフォークの使い方を含めて、テーブルマナーを体験することは第一の目的ではありますが…
ほとんどの子どもたちが”やっぱり、はしがいい”と気付けることも大切なことです。

食べること=生きること。
コロナ禍にあっても、おいしく食べられることは幸せなことです。
子どもの食欲は、作り手の情熱や、食事環境に影響されます。
外食でもいい、お惣菜でもいいんです。
何かひと手間、何か一言を付け加えてみようではありませんか!

「いただきます」と「ごちそうさま」の意味も再確認しながら、いっぱい食べようね!!



雪上運動会2021

2021-01-26
雪はともだち!~北国育ちのど根性!~
立派な開会宣言!
ルール説明
ボール拾い
スノーフラッグ
ダルマさん
はしれ~
すみれ組です
ゆり組です
うめ組です
はやい~
汗かいちゃった! 熱い~ 燃えた~ 
雪だるまの表情…おもしろいでしょ!
雪が多い津軽地方では、割と恒例となっている”雪上運動会”ですが…
雪が降りすぎたり、雪がたりなかったり… 意外とコンディションが整わないのですが…
今年は、年末年始の寒波のお陰で積雪も豊富、しかも快晴です!!
近年稀に見るベストなコンディションにテンションもアゲアゲです。

年長児の立派な開会宣言!
さくら組のカラーボール拾い。
ばら組のスノーフラッグ。
以上児の”ダルマラソン”。

大人になるとウンザリしてしまう雪ですが…
純粋に雪と戯れる子どもたちをみていただき、
今冬もあと数回頑張らなければいけない除雪を忘れて…

どうぞ動画をごらんください!

毎年恒例となった「どん活」 ~しっかりと対策をして楽しみました!~

2021-01-18
フミフミ 「この感触が何とも言えない…(らしい)」
仲良くフミフミ
なにこの感触??
元気にフミフミ
お尻でフミフミ
ポッキーフミフミ
ウサチャンフミフミ
男子厨房に立つ
良い構えです
型抜きもしたよ
完成です
今年も全園児が「どん活」関わりました。学びがたくさんでした!
みなさんは、エビ天は「先派」「後派」
毎年恒例となった「みんなでうどんをつくる活動」通称『どん活』を実施いたしました。
「こんなコロナの時期に」なんてご意見も当然あるでしょう。
しかし、例年以上に感染対策にも力を入れた上で実施させていただきました。

まず、うどんの種ですが、厳重にビニールに入れて裂けないように。
調理員が切るまでは開封しないように徹底しました。

全園児が、うどんの種をフミフミしましたが、未満児のお友だちは「何この感触?」という表情をする子も多く、この感触が苦手な子もおりました。
お兄さんお姉さんたちは、もはやベテランの域に達した職人のようです。

「あれっ、うさぎが跳ねてるよ」
「ポッキー味になっちゃうんじゃない」

お友だちの靴下を観察して実況するお友だちもいますね。
(よくみてるもんだ。)

包丁も、怖がらずに挑戦できた年長児たち。
うどんの太さはバラバラ… いや個性的だったけど、お家で食べてみてね~

今日のうどんは、ちょっと豪華にエビ天をトッピングです。
皆さんは、先に食べちゃいますか? 最後に残しておきますか? 
子どもたちの食べ方にも個性が現れていました。

粉から、もちもちのうどんになること。
包丁をつかうこと。
お友だちを観察すること。

いっぱい体験できたね。やっぱり自分で作った料理は最高でしょ~

※動画もアップしますね。
社会福祉法人みのり福祉会
〒036-8082
青森県弘前市大字福村字新舘添56
TEL.0172-27-9623
FAX.0172-88-7361
 
【運営施設】
1.保育園みのり
2.みのり第2保育園
3.桔梗野みのり保育園
4.たしろ保育園
5.豊田児童センター
6.東部児童センター
TOPへ戻る